【2015年】僕の流行りのヘアカラーは断然「ブラウン」

スポンサーリンク

こんにちは。

(null)

air-GINZAの末端スタイリストこと髪型が不評すぎた豹柄美容師です。

流行りのカラー??

さて、日々サロンワークを行っている中で、お客様から「今の流行りのカラーは?」と聞かれることが多いのですが、、、

決まって即答する言葉があります。

(null)

「え、ないです」

結構驚かれるのですが、、、実際そうなんですよね。
最近だと
「イノセントなんちゃら」
「ルミエールなんちゃら」

過去でいえば
「マーメイドなんちゃら」
「ホワイティなんちゃら」
「ヌーディなんちゃら」

とか、そんなキャッチーなネーミングのカラーをよく耳にされたことはありませんか??

これらはただのカラー剤の名前なんですよね。

私たちが扱う商材の中で、シェアの高いメーカーさんが作った薬剤のネーミングなだけっていう。

季節ごとに「トレンド」と謳い、新しく出てくるキャッチーなカラー剤のネーミング。

正直、お客様が仕上がりをイメージしにくいので、まず僕は口にしません。

例えば、、、
「イノセント」=「潔白な」
という意味ですが、ドヤ顏で「イノセントなんちゃら〜っす!!」とかカラーのネーミングを提示されても

*で、、、どんな色やねん?

ドヤった後にまた一から説明するのかどうかは分かりませんが、まぁ意味わかんないですよね。

それより重要なのは明るさと元々持っている色

以前も別の記事で書きましたが、これを見てください。

(null)

「レベルスケール」という、ただの髪のベースの明るさを記したものなのですが、僕が担当させていただくお客様は、、、

(null)

銀座という勤務地の立地も多少は関係しているかもしれませんし、お仕事や規定などもあり、グレーカラー(白髪染め)のお客様も含めて、これでいうと「10」くらいまでの方が大半です。

ここから明るくなってくると、、、

(null)

だんだんブラウン味を感じない「オレンジ→黄→」と変化していくことが分かるかと思います。
また、人それぞれ同じ明るさにしたとして、出てくる色はお持ちのメラニンの色によって左右されるので「赤っぽく」や「オレンジ味」「すぐ黄色くなる」といった様々なお悩みが出てくるんですね。

その明るさやメラニンなんかを考慮してカラー選定・施術を行っていくわけです。

そして今の流行りは「ブラウン」

(null)
(イメージです)

ブラウン??

ええ。茶色ですね。

黒髪を創っているメラニンとは違い、出したい色味を持ったブラウン色にアッシュやベージュ、ピンクなどの色味を足していきます。

先ほどの「10」までの方であればしっかり濃いブラウンをベースにすることによって「ツヤ×深み×色持ち」を最大限に引き出し、上質な仕上がりになってくれますし、濁らずクリアな発色に。

ケミカル的な話になりますが、色素的にも髪への定着がよく、色持ちめちゃいいんですよね。

(null)

まぁ色々ありますが、「自分が担当させていただくお客様」や「潜在顧客」と呼ばれる方にリーチしていった結果、その範囲内で支持されればよいと思っています。

というわけで、2015年僕の流行りカラーは「ブラウン」

白髪も「ブラウン」で質を高めにバチっと。

深みとツヤで上質狙っていきましょう。

また「流行り」の気分が変わったらお知らせします。

関連記事

カラーで「赤みが嫌い」という方へ。
こんにちは。 air銀座にて豹柄で美容...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【豹柄の人をフォロー】

animals-black-and-white-leopards-2848610-1920×1200のコピー
animals-black-and-white-leopards-2848610-1920×1200のコピー
c
c
IMG_753656のコピー (1)
IMG_753656のコピー (1)
スポンサーリンク