【お悩み解決】ボブから伸ばしかけの方にご提案している方法。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【お悩み解決】ボブから伸ばしかけの方にご提案している方法

こんにちは。


air-GINZAの「ボブの人」中村です。

ボブを売りにしているわけですが、もちろん担当させていただいているお客様においては「ショート〜ロング」と、長さの幅は様々です。

とはいえ、ボブの方が大多数を占めていることは確か。

最近、、、というか、季節の変わり目になると、そういったお客様からの増えるご要望があります。

それは、、、

「ちょっと伸ばそうかな」「伸ばしたい」

これですね。
お気持ちは凄くよく分かります。
ヘアスタイルを気に入ってくださっていたとしても、やはり「飽き」は生じるものです。


こういった場合は反対はしませんし、伸ばすにあたって、その方に最適なプロセスを考えてご提案します。

そして、伸ばす為の究極の結論としては、、、

切らないのが一番早く伸びる

そう。「切らない」です。


「定期的に整えて伸ばす」という方法もあるのですが、、、例えば「2ヶ月に1回、毛先1センチカットして伸ばす」となると、1年で6センチしか伸びないということになります。
切らない場合は12センチ。

傷みなど、毛先を切りたくなる要因もあるでしょうが、僕の場合は「ある程度(肩や鎖骨に届く長さ)まで伸びてから一気に切る」をご提案するケースが多いです。

ただ、それはそれで問題も、、、

「切らない」とはいえ、スタイルとして成り立つ場合のご提案でして、例えばワンレンボブの場合、、、


こんな風に、伸びてきても重たいままです。

そして、皆様にも経験があることかと思いますが、伸びてくると毛先が肩や襟なんかに当たってしまい、物理的にはねる時期が訪れます。

スタイリング次第で、はねさせたり、フワッとさせたりとバリエーション豊富ですし、最近では「切りっぱなしボブ」みたいなちょい外ハネ感もかわいいのですが、、、

「スタイリングは何もしない」という方の場合、、、


(take-y.com/より)

ひぐち君ばりのナチュラル外ハネヘアにしかならない可能性大です。


これは辛いですよね。


完全に飲み会とかで「ひぐちカッター」の一発芸を振られること待った無し。
しかも若者から「誰すかそれw」とか言われた日には死にたくなりますよね。人生終わってます。

冗談はさておき、やはり「はねる」というのはヘアスタイルにおいて大敵なのですが、、、

そういった場合は「はねないようにする」というより、「はねてもいいスタイル」に移行することが多く、、、

表面にレイヤーを入れる


短めであれば、こんな風に軽さを出したり、、、

もう少し長めであれば、、、



こんな風に下の厚みは残しておいて、表面だけにレイヤーを入れることがほとんどです。

「表面だけ」というのは、、、


この点線から上の部分ですね。

ここからレイヤーを入れることによって、、、


一番上の髪の長さがこうなります。


横から見てみると、、、


こう。

こうして長さの差を作ることにより、肩に当たる長さの時は毛先がはねても馴染み感が生まれます。
そして、スタイリングしなくても髪に自然な動きも同時に。

ボブから伸ばしていく際、お客様にご提案するのは、、、


・切らない



・はねてもオッケーなヘアスタイルにチェンジ

ぜひ、伸ばされる際の参考にしてみてください。

それでは。

その他、ヘアスタイルのご相談も承っております

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
こちらからどうぞ。

関連記事

「かきあげ前髪×ボブ」という、最強の組み合わせを。
「かきあげ前髪×ボブ」という、最強の組み...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【豹柄の人をフォロー】

animals-black-and-white-leopards-2848610-1920×1200のコピー
animals-black-and-white-leopards-2848610-1920×1200のコピー
c
c
IMG_753656のコピー (1)
IMG_753656のコピー (1)