過信してるぐらいがちょうどいいかもね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

過信してるぐらいがちょうどいいかもね

こんにちは。
air-GINZAの豹柄の人です。


さてさて。


コトコト、、、


ででん。

営業後、銀座の「赤から」にて。

with、、、


僕のメインアシスタント「今(こん)」とサシで。

日々ずっと一緒に仕事しているわけなんですけど、サシでメシは結構久々でした。

こういった下のスタッフとのメシの場では、いつも仕事の話なんて全くしないのですが、今日はちょっと流れで「12月を迎えるにあたって、、、」みたいな話を。

やはり、大切な下のスタッフを預かっているからには、ちゃんと我々が背中を見せていかねば、、、

そんなことを感じつつ、彼に足りない部分も伝えつつ、、、

「全て自分のお客様だと思って頼むよー」と、ただ軽めにそれだけ伝えました。


お前のことは『ただのアシスタント』だと思ってない。
目の前にいらっしゃるのはお前のお客様なんだよ、っていうね。

、、、僕は「将来、関わってくれたスタッフにお客様が移ってくだされば嬉しい」と思って仕事をしています。
別に下の子のモチベーションを上げる為でもなんでもなく本心です。
何故なら、自分は「獲ってやる」「俺のおかげで再来した」そう思いながらアシスタント期間を過ごしてきたから。

お客様の情報、話した内容、好み、もちろん提供する技術、、、提供し、得た全てを記憶し、カルテに書かなくても全てを把握して「次はどうしたらもっと喜んでいただけるのだろうか」ということだけを考えていました。
まぁ、当たり前なんですけど。


「カット以外」を任されて仕事をしていた僕は「俺のおかげで、、、」とネタではなく、自信を持って言える、、、そんな【スタイリストとアシスタントの関係】を築いている「つもり」だったアシスタント時代。


「俺のおかげで、、、」というのは、今思えばただの過信でしかないですが、当時は本気でそう思っていました。

そうやって過信しているぐらいがちょうどいいかもね

アシスタントの今からそれだけ責任感を持って、与えられた仕事以上のパフォーマンスを自分なりに表現してほしい。
そんな思いから「全て自分のお客様だと思って頼むよー」と。

流れ作業みたいな仕事なんてクソだよ。慣れてんなよ。


「発信だ」とか「ネットだ」とかの前に、大切な何かを蔑ろにしてしまっていることはありませんか?

そんな「赤から」の日。

とか言いつつ、自戒を込めて、、、ね。


これからも期待しています。
そして、いつもありがとう。

年末、ぶっ飛ばそうぜ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【豹柄の人をフォロー】

animals-black-and-white-leopards-2848610-1920×1200のコピー
animals-black-and-white-leopards-2848610-1920×1200のコピー
c
c
IMG_753656のコピー (1)
IMG_753656のコピー (1)