髪が肩でハネるの本当に嫌ですか?

スポンサーリンク

こんにちは。

air-GINZAの豹柄美容師こと中村です。

僕の担当させていただいていているお客様の半数以上が肩より上の「ボブ」なんですよね。

「重め」というよりは、ちょっとレイヤー(段)の入ったようなボブなんですよ。

(null)

そうそう。こういう感じの。

そういったスタイルを打ち出しており、求めて来てくださる方が多いというのがもちろん理由なのですが、、、

よく言われるのが

「伸びてきてハネるのが嫌」

なんですよね。

他にも
・伸ばそうと思ったけど、、、
・たまに変えようかなとかは思うけど、、、

というような「定まっていないけどハネるから妥協」という方も多くいらっしゃいます。

もちろん、ご提案してカットさせていただいたスタイルを気に入ってくださって、「伸びた分を切る」という選択をしていただけているのであれば嬉しく思うのですが、、、そもそも

「本当に嫌なのか?」

とも感じたりしているわけなんですよね。

ずっと数年「重め」なスタイルが流行っていたのもあるかと思いますが、「内巻きじゃないと」みたいなマインドが浸透しているだけだったり、、、

なんとなく「ハネる=ダメ」みたいな感覚なだけじゃないのかなぁ?って。

言葉の雰囲気というか洗脳というか。

そんなことないですか??

もちろん、ワンレングスの重たいボブが伸びてきて首筋に沿ったままハネちゃうのは、、、

(null)

「ひぐち君」

っぽくなるのでアウトだと思います。。。

よくお客様にも例えで「ひぐち君」出すんですけど、もう「え?誰?」ってなります。

ごめんなさい。ひぐち君。。。

さて、話を戻します。

ですが、レイヤー(段)の入ったサラッと軽めのボブが伸びてきた時の「ハネる」のは結構いいと思うんですよねー。

というわけで、そんな流行りつつある「ウルフ」テイストなスタイルを。

そう、こんなの。

(null)

裾は長さを残して、自然に首筋に沿って。

そうそう。

(null)

ポイントはここのハネ感ですね。

それでいて柔らかい質感の上質ボブ。

(null)

後頭部がペタっとなりやすい方も裾の締まりによってサイドシルエットも上質。

いかがでしょうか。

「ボブから伸ばしたいけどハネるのが嫌」という、妥協せざるを得ないお客様や新規の方が爆発的に多いのでご提案。

色々なスタイルを楽しみましょ。

ヘアスタイルがマンネリ化していても毎日つまらないですもんね。

もちろん!!
伸ばし中以外の方にも超絶オススメです。

そして、、、

「はぁ?何言ってんの?ハネんの嫌に決まってんだろ」

そんな方にはもちろん違うご提案をさせていただきます。

(null)

日々をお過ごしになる中で素敵なヘアスタイルを。

また色々なご提案をしていきますのでぜひ見てくださいね。

たまには真面目に。

Please get a great hairstyle☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク