【髪型お悩み解決】ハチ張りさんが似合うボブ〜前髪と抑えるべきポイント3つ〜

こんにちは。

 

ヘアサロン air 【エアー】

有名タレント・モデルが通う人気のトップ美容室air【エアー】
東京都内を中心に、京都、大阪、神戸、福岡に大型サロンを展開し、雑誌やCM・ファッションショーなどで活躍するメディア戦略型美容室airのTOPページ

【air】という美容室、air-GINZAスタイリスト
「中村有佑」
と申します。

 

さて、私が担当させていただくお客様は「ボブ」の方が非常に多く、日々お悩みや相談を伺った上で「共に解決していく」というサロンワークを行っております。

やはり皆様が多くのお悩みをお持ちなんですよね。

こちらでもそんなお悩みを少しでも解消し、『多くの方にポジティブに似合うヘアスタイル(ボブ)を選んで楽しんでいただきたい』という想いから日々のサロンワークにてお客様にお伝えしていることや考えを記事として書かせていただくことにしました。

 

いいですか?決してSEO対策ではありませんよ。

【髪型お悩み解決】ボブにカットすることによって生まれる5つのメリット


「ボブにしたいな、、、でも、ハチが張ってるから四角いまる子ちゃんみたいになったら、、、」

 

ええ。仰りたいことはすごく解ります。

「シルエットが四角く、、、」
「似合わないんじゃないか、、、」
「後悔するかも、、、」

そうですよね。

 

既にネガティヴになってしまっている貴女。
ネガティヴから生まれる「思い込み」や「マイナス思考」をバッサリ切り捨ててみたいと思います。

 

、、、で、「ハチ」ってなんぞや??

そうですよね。
よく一般的に「ハチ」「ハチが張っている」と耳にされることはあまりないかもしれませんね。

 


ここの部分です。
「骨格」の話ですね。

 

あ、需要のない特別出演の僕です。

 

では、ハチが張っていると、、、


この収まりのいい洗練されたボブ。
さすがカットしたのが僕なだけありますね。

 

ちゃらっとそんな宣伝入れつつ、、、分かりやすい例を。。。

 

■ハチが張っているとこうなります■
↓↓↓↓↓

おっと、やりすぎましたwww
(加工しています)

 


そうそう。分かりやすく例を挙げるとこんな感じに。
シルエットが四角くなりやすいんですよね。
(加工しています)

 

では、そんなハチが張っていてシルエットが四角くなりやすい貴女に「こうすれば似合う」を最大限にご紹介してまいりたいと思います。

分け目を変えるべし

「センター分けはハチ張りさんの大敵」です。

このように、分け目がセンター分けになると「高さ」がゼロになります。

 


そのままサイドに髪が落ちるため、骨格に沿いつつ髪の量が溜まってしまうので、、、

 


「THE・四角シルエット」が形成されてしまうのです。

 

この記事を検索からご覧いただいている方は「そうそう!」「それな」事案だと思います。

 

 

じゃあ、分け目をどうすればいいの?

https://air-nakamura.tokyo/archives/18123
これはこちらでも書いていますが、、、

 


このセンター分けから、、、

 


黒目上辺りへと分け目を変えます。

 

そうすることにより、、、

 


ちょうど真ん中に高さが出て、、、

 


ここが収まったように「見えます」

 

いかがでしょうか??

 

もちろん「前髪あり」スタイルでも


「前髪あり」スタイルでも、このように黒目上での分け目はハチ張りさんに効果抜群です。

 

いいですか?

 

■分け目を変える■

ちなみに、前髪を立ち上げたい時はいつも流れる側と逆からの分け目をおすすめします。
初めは慣れませんが、徐々に扱いやすくなってくれます。

 

では、次のポイントへとまいりましょう。

 

 

下にボリュームを持ってくるべし

分け目を変えた後は、、、「下にボリュームを持ってくる」方がさらにハチ張りな骨格をカバーしてくれます。

 


このように、、、

 


先ほどの「分け目に変化」を与えて、真ん中に高さを出します。

 


そして毛先にボリューム(厚み)を作ってあげることによって、、、

 


さらにこのハチ部分が狭く見えるので効果抜群なんですよね。

 

これが万一、裾が軽かったりペラペラしてしまうと、、、

こうなるため、、、

 


またハチが張って見えてしまうんですよね。。。

 

ほんの少しのことでかなり仕上がりに影響してきますよね。

 

■下にボリュームを持ってくる■

 

サイドを耳にかけると、さらに有効的

これは上記の二つを組み合わせたあと、さらにハチ張りを目立たなくさせるための仕上げになります。

 

ただ、ここで注意したいのが「丸顔の人には合わない」ということ。


この記事にも記載していますが、、、

 

「丸顔さんは顔周りを絶対死守」

そう。何が何でも死守せねばなりません。

 

ここを見逃して「あらよっと♪」とか言いながら、サイドを耳にかけてしまった方にはもれなくギガスラッシュをお見舞いしたいと思います。

 

ええか?死にとうなかったらな、耳にかけるの止めるかザオリク覚えてから出直しておいでや。

 

おっと、ついつい故郷の言葉が、、、

 

世界樹の葉でもいいですよね、失礼いたしました。

 

はい、冗談です。

 

 

そんな、、、

 

■サイドを耳にかける■

という行為。

これは片側サイドを耳にかけることによって、、、

 


よりタイトにしつつ、、、

 


下の厚みは殺さずにハチ張りを目立たなくさせ、シルエットも整うんですよね。

 

 

「ハチ張りさんに似合うボブの前髪とポイント」いかがでしょうか?

上記の3つのポイントを知っていれば、
チャレンジしようかとお悩みの方でもあまり気になさらずにポジティブに「ボブ」に挑戦していただけるのではないかと思います。

 

また、他の長さでも、、、

 


ポイントさえ押さえてしまえば、、、

 


あまりオススメしませんが、ショート。

 

 

ミディアム。

 

 


ロングへも。

 


多用していただけるのではないかと思います。

 

最後に、、、

もちろん、「ドライヤーで潰して抑える」や「カット」という、物理的に目立たないようにする方法もございます。

 

こちらで挙げさせていただいたものは、あくまでも例であり、「その人に合った」方法があるんですよね。
そういったことをふまえていただいた上で、、、

 

 

「ネガティヴ」から「ポジティブ」に

そんな想いをもって、美容師としてお悩みを文章でも少し解消させていただきたく書かせていただきました。

 

見てくださる方や検索でたどり着いた方が少しでもそうなってくださることを願っております。

 

それでは素敵なヘアライフをお送りください。

 

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
↑ヘアスタイルやお悩みなど、何でもLINE@にて承っております。
気軽に「友達追加」してくださいね!

 

ご予約はこちらから


(airのホームページから予約)

 


(ホットペッパービューティーから予約)

 

◼︎髪の悩みなどを相談して予約を取りたい方は【LINE@】から◼︎
'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

「友だち追加」していただき、個別にメニューや料金、お時間などのご相談も承っております。 (営業中などはすぐにお返事できないこともございますのでご了承ください)

 

関連記事もよく読まれています

https://air-nakamura.tokyo/archives/8052


【THE・黒髪ボブ】子供っぽくならない上質大人ボブ
こんにちは。air-GINZAというサロンにて、日々ボブをカットしまくっている美容師です。さて...

「美シルエット」お客様から支持のあるひし形万能ボブ。
こんにちは。 air-GINZAの豹柄です。 あっ、美容師です。 昨日はどこぞやのカリ...

【髪型お悩み解決】前髪長めのボブのボリュームの出し方。
こんにちは。 ヘアサロン air 【エアー】 【air】という美容室、air-G...


ボブの関連記事

https://air-nakamura.tokyo/archives/14284


【髪型お悩み解決】ハチ張りさんが似合うボブ〜前髪と抑えるべきポイント3つ〜
こんにちは。 ヘアサロン air 【エアー】 【air】という美容室、a...

https://air-nakamura.tokyo/archives/21111

 

 

前髪はこちらを参考にしてくださいね

https://air-nakamura.tokyo/archives/5935


https://air-nakamura.tokyo/archives/9208

 

 

スタイリング方法はこちら

【お悩み解決】上手くスタイリングできていますか??
やってまいりました。 airのHP内で毎週更新の「お役立ちコンテンツ」vol.5!!!...
【スタイリングが苦手な方へ】〜自分でできるボブの簡単な巻き方〜
【スタイリングが苦手な方へ】〜自分でできるボブの簡単な巻き方〜スタイリングが苦手な皆様、こんにちは...

 

書いた人

(null)
■air-GINZA 中村有佑■

 

「上質なヘアスタイル」を掲げ、再現性を最も大切にした的確なカットと柔らかい質感のスタイルを得意としている。

 

お客様が抱えるお悩みを元に、数々のヘアに関するお悩み解決を記事にした当メディア(ほぼ猫ブログ)も月間40万PVと、多くの方に支持をいただいている。

タイトルとURLをコピーしました