【永久保存版】前髪を綺麗に「流れない・下ろせない・流せない」方へ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【永久保存版】前髪を綺麗に「流れない・下ろせない・流せない」方へ

こんにちは。

air-GINZAの美容師「中村有佑」です。

そういえば、以前こんな記事を書いていました。

前髪が綺麗に「流れない・おろせない」皆様へ。

これは悩んでいらっしゃるお客様が多いため、即興で何も使わずに「絵」だけで説明をつらつらと書く、というなんともレトロな技を使ったわけですが、、、

なんだか、、、

めちゃ読まれているんですよね。

ずっと「ちゃんと書きたいなー」と思っていたところ、、、

フロント「ちゃーきー」が営業後、、、

(null)

「中村さん、空いてますか??」

(´-`).。oO(なんか昨日も聞いたような。。。

豹「どうしたよ」

ち「前髪を切っていただけないかと」

さすがフロント。

昨日の「今」とは違い、滑舌良好です。

まぁ当たり前ですね。

豹「いいけど、、、条件あんねん」

ち「えっ、、、」

というわけで、、、

今回は実際にアイテムを使いつつ「分かりやすく簡単に」前髪を扱いやすくできる内容をお伝えしたいと思います。



前髪が浮きやすい人

まずは「浮きやすい人」ですね。

◆使うもの

(null)

ドライヤー。これだけです。

では見てみましょう。

(null)

フロントちゃーきーは内側に浮いてしまう生えグセがあり、、、

(null)

そう。ここですね。

横から見ると

(null)

ほら。すごい上を向いて生えているため浮いているのがよく分かりますよね。

◆どうするの?

これは簡単です。

(null)

この内側だけをよけて、、、

(null)

根元を頭皮に「ペタッ」と抑えながら上からドライヤーを根元にしっかり当てる。

そして、最後に一番のポイントがあります。

「ドライヤーを当てた後、そのまま熱が抜けるまで抑えたまま」

これがポイントです。

髪は「乾いた時」と「温められて冷めた時」に形がつきます。

その「冷めた時」を利用するわけです。

そして、内側だけなのは上からペタンコにならないためです。

(null)

ほら。浮きがなくなりましたね。

すぐに離してはいけませんよー。
分かりましたかー??

前髪を綺麗におろしたい人

これもよくありますよね。

「分け目が勝手についちゃって」

「変に分かれて「S」にウネる」

よーく分かります。

「せっかく下ろそうと思って切ったのに!!」

ええ、分かりますよ。。。

(null)

こういうやつですよね。。。

これも、髪の生えグセです。

◆使うもの

これも、、、

(null)

ドライヤーです。

これは前にも書いたのですが、、、

(null)

分かれる所を中心にこのように髪が生えています。

そこを

(null)

こうやって先ほどのドライヤーの「温めて冷ます」を使えばいいわけです。

(null)

そう、根元を逆に!!

この時のポイントは前髪の横の長い髪も多少巻き込んで逆にドライヤーを当てることです。

変に前髪とサイドの間がパックリ割れないようにするためですね。これ大事。

これだけで、、、

(null)

分かれるのが無くなりましたね。

内側も、、、

(null)

ほら。

このちゃーきーは、右だけ生えグセが強い人なんで、片側からだけで解決できるんですけど、

左右にパックリ割れる人は

(null)

ちゃんとこうしてあげてくださいね。

オッケーですかー??

よし。

前髪を綺麗に流したい人

これもめちゃ悩みポイントじゃないですか??

元々先ほどの「S」にウネるクセがある人は正直、、、

(null)

これだけで「S」が「C」に変わって綺麗に流れるようになります。

「ちょちょちょちょっとちょっと待って美容師さん!!」という方、一度やってみてください。
ウソじゃありません。

ゴレライ。

ただし!!!直毛の方には効果を発揮しません。真っ直ぐ下に落ちるだけです。

◆じゃあどうすんだよ??

ご安心ください。今のは前置きです。

◆使うもの

(null)

これ。マジックカーラーです。

最近では100均でも売ってますよね。

アイロンだと火傷しかねないし、こちらの方が自然な仕上がりなのでオススメです。

◆使い方◆

(null)

・流したい方向と逆に髪を引き出します

左に流したいので右に。

(null)

・巻きます

以上っ!!!

この間にメイクや家事なんかをササッとやっちゃってください。

時間がない方はドライヤーの「温めて冷ます」を使ってください。

(null)

取ります。

(null)

ほらきたーーーー。

たったこれだけです。簡単でしょ??

・ちなみに「フンワリと流したい」場合は、、、

(null)

2つ使いもオススメです。

この場合も「流したい方向と逆に」ですよ。

オッケーですかー???

全部別に難しくないですよね(^_^)
ぜひ頑張ってみてくださいね!!



やっと、、、

やっと、、、

(null)

最後にカットをしてあげることができました。

お疲れ様でした。

そして最後に、、、

今回掲載した内容は「あくまでも分かりやすく」という目線で、実際にお客様にお伝えしている内容を書かせていただきました。

髪質、生えグセじゃなくて髪のクセ、カットのされ方など、当てはまらない方もいらっしゃると思います。

もし、、、

「上手くいかねーんだよ!!」

という方がいらっしゃいましたら、何でもご相談にのりますのでお気軽にご連絡ください。
悩んでいる場所やその箇所の写真を撮って送ってもらったりできれば、さらに的確なアドバイスなんかもできると思いますので、ぜひこちらからお待ちしております(^_^)
↓↓↓

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

少しでもお悩みやストレスが解消されますように。

素敵な前髪ライフを。

それでは。

関連記事









ご予約はこちらから

◼︎便利なweb予約◼︎
air-GINZA(銀座) | ヘアサロン air 【エアー】

24時間、いつでもairのホームページからご予約を承っております。
新規の方はホットペッパー経由よりもさらに10%お得になりますのでぜひご利用ください。

◼︎髪の悩みなどを相談して予約を取りたい方は【LINE@】から◼︎
'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

「友だち追加」していただき、個別にメニューや料金、お時間などのご相談も承っております。
(営業中などはすぐにお返事できないこともございますのでご了承ください)

書いた人

img_0458

スポンサーリンク
髪のお悩み記事
髪のお悩み記事
前髪記事
前髪記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加