【ラーメン好き必見】魂心家が好きな理由とこだわりの食べ方。

スポンサーリンク

どうも。

魂心家(コンシンヤ)のまわし者こと豹柄です。

僕が心から愛する魂心家。

http://www.konshinya.com/index.html

「いつも魂心家ばっかうっせーよ」
「天下一品裏切ったのかよ」
そんな声が今にも聞こえてきそうですが、、、

、、、あれ?聞こえない??

まぁどっちでもいいです。

てか、魂心家とは

そうです。「魂心家とは」です。

肝心ですよね。

簡単にまとめると

・横浜家系ラーメン
・太麺嫌いの方でも好きになる(はず)中太麺
・スープを持って帰って鍋をしたい旨さ
・海苔と米との絶妙なマッチング

こんなものでしょうか。

*横浜家系ラーメン

これは関西出身の僕には馴染みがなかったのですが、分からない方はとりあえずググってください。

それか、僕の周りに「アライシンゴ」という美容師がいるので、家系について質問してみてください。
軽く3時間は語ってくれますし、運がよければそのまま家系の総本山に連れて行ってくれるでしょう。

*太麺嫌いの方でも好きになる

元々、太麺文化ではなかった京都出身の僕。
太麺が主流の東京に来てからというもの、全くラーメン不信になっていました。

そんな中、この歯触りのよい中太麺の虜となりました。

今では「アイラブ♡太麺」になりました。
感謝しています。

*スープを持って帰りたいレベル

まずはこちらをご参照ください。

(null)

いかがでしょうか。
この豚骨ベースの「濃まろスープ」がヤバいわけです。
先程の中太麺との相性はバツグン。

*海苔と米との絶妙なマッチング

これですこれ。
やはりラーメンたるもの「ライス」が必要不可欠になってきます。
そんな「ライス」が無料と、良心的なサービス。

「濃まろスープ」に浸した海苔で食べるライスは完全に「死ぬ前に食べたい」リスト入りしています。

魂心家の魅力が既にビンビンに伝わっているのではないでしょうか。

では、この辺でメニューを

(null)

ずらっと並んだラーメンたち。

基本「醤油か塩」を選べるのですが、ここは完全に醤油一択

そしてベースは「ラーメン」「のりスペシャル」どちらかです。

食券を買うスタイルなのですが、頼む時のポイントがあります。

「濃いめより更にちょい濃いめ」

「濃まろスープ」は旨いのですが、僕にとってはかなり味が薄いのです。
そして、普段から高血圧まっしぐらの食生活を送っているのもあってか、「濃いめ」を頼んでも物足りないんですよね。

これが味覚障害か、、、

そして!これが魂心家最強の食べ方

そんなこんなで、やっと出てきました。

(null)

【濃いめより更にちょい濃いめ「ラーメン」(醤油)】(¥680)

カスタムは「のり増し」(¥50)のみ。

ここから味付けをします。

・大量に胡麻をすれ!!!

(null)

これですね。

(null)

これだけで王者の風格です。

・ブラックペッパーをふりまくれ!!!

(null)

コショウではなくブラックペッパーです。

(null)

これは好みで。

以上。

え、これだけ??

そう、この2行程だけで格段に旨くなります。

あとはニンニク、豆板醤などあるのですが、無駄なものは入れません。

そして、、、

(null)

「濃まろスープ」を浸した海苔での絶品ライス。これしかありません。

お好みでブラックペッパーや豆板醤を足すと更にレベルアップします。

こうして「最高」の二文字が生まれるわけです。

最後に

いかがでしょうか。魂と心のラーメン。

今すぐにでも行きたくなったのではないでしょうか。

ちなみに、、、広告料をもらって書いているわけではありません。
ただ好きなだけです。

気になった方は静岡や大阪、九州にも店舗があるそうなので、ぜひご賞味いただければと思います。

それでは素敵な魂心家ライフを。

http://www.konshinya.com

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク