air-GINZA朝活。ハンドブローのお勉強と重要性。

スポンサーリンク

こんにちは。

(null)

air-GINZAの暇な人です。

さて、今日は営業前から、、、

(null)

1年目、2年目アシスタント対象ではありますが全員でハンドブローのお勉強会。

スポンサーリンク

What’s ハンドブロー??

そのままですが「手」を使ってブローすることですね。

ただ乾かすだけでなく、再現性を高める為や、スタイルやデザインのクオリティを上げる為には必要不可欠なハンドブローという技法。

一番大切なのは「根元の動かし方」

そうなんですよね。

その辺はこちらに例として詳しく書いております。↓↓↓↓

僕は美容師として、このハンドブローという技術には本当にこだわりを持っています。

もちろん、カットしてそのまま何もしないでスタイルが創られることが理想ではありますが、一人一人異なる頭の形や髪質、クセ、生えグセなどがある中で、それが全てのお客様に当てはまるわけがありません。

そこで、家に帰られてからのスタイルの再現性を生み出す一番簡単な方法がハンドブローなんですよね。

まぁ、僕がハンドブローをして再現できることは当たり前なのですが、そこへのこだわりというよりは「お客様に分かりやすくお伝えをする」ということのこだわりですね。

髪の根元の方向性が整わないで、いくらいいアイロンで巻いたり、スタイリング剤を使用したとしても、いいスタイルはご自身で創れません。やはり「ベースありき」なわけです。

そんな風にこだわりを持って日々サロンワークに立たせていただいているわけでして、、、

そして、僕たちスタイリストの代わりとしてお客様を担当してもらう機会のある下のアシスタントにも「もっと深くまで伝えて理解をしてもらい、更にお客様の満足に繋がるように」という想いでの朝活。

(null)

他の練習でも全てそうなんですけどね。。。

(null)

まぁ、時間がなくてハンドブローじゃなく根元のドライ止まりでしたが、、、

日々の営業の中でも彼らの「見る視点」が少しでもレベルアップしてくれていれば嬉しく思います。

また続きは次回ですね。

(null)

お疲れ様でした。

どんどん極めていこうね。

◆関連記事◆

スポンサーリンク
髪のお悩み記事
髪のお悩み記事
前髪記事
前髪記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加