連日のシャンプー練習と感じること。

スポンサーリンク

4月に入り、連日新人3名のシャンプー練習が行われています。

(null)

アシスタント任せでなく、スタイリストとアシスタント混ぜて割り振りを決め、新人1名につき2名が付きっ切りで営業前&営業後に教えています。

そうすることによって、先輩アシスタントの「シャンプーを見ているから自分のカリキュラムが進まない」という事態を回避しつつ、店長から2年目アシスタント全員が「1番に合格させる」という目的を持った上でのこと。
そして結果、今以上お客様に喜んでいただけることに繋がるということ。

こういう「全員で」というのが、口だけじゃなく徹底して目的を共有した上で実行されているairって、綺麗事じゃなく「素敵だな」と思うんですよね。

そして、僕が見ている新人は、、、

(null)

野内こと「のんちゃん」です。

air-GINZAの新人たちと想い。
air-GINZAの新人配属が決まりまし...

そう、、、

(null)

金丸マネージャー(ほたてのことが好き)に憧れて入ってきた「のんちゃん」

厳しめでチェックします。

(null)

ふむ。

「クロスのかけ方」は上手くなりましたね。

そして、「すすぎ(プレーンリンス)」

(null)

まだまだ!!

「シャンプー」

(null)

タイムに入ってもまだまだまだまだまだまだぁー!!!!!

すかさず、甘い部分を2年目になった「今」が教えてくれます。

(null)

頼もしい先輩になったもんです。

僕が入った頃はまだシャンプーもトリートメントもできなくて、話も全くもって面白くなく、取り柄は小島よしおに似ているだけだった彼も立派な2年目。

毎年この時期になると、1年頑張ってきたアシスタントの成長を切に感じますよね。
そんな嬉しい気持ちと共に、改めて新人含めた彼らの人生を背負って仕事をしていることも実感します。

あとは自分がシャンプー練習している時のことを思い出したりね。
辛かったなぁ。

まぁ辛いんだけど、これからもっと乗り越えないといけないことばかりですけどね。。。

でも、シャンプーから全ての技術や「感じること」に繋がってて、基本だけど最も大切な技術。

色々省みる時期。

魅せていかねば。

僕自身も初心に返る時期。

頑張らねば。

一番にみんなで受かろうな。

今日のコウノエ

なんかシャンプー練習後、、、

タイムに入らなかったということで、、、

(null)

(null)

50回スクワット。。。

そして、なんと隣では、、、

(null)

お、オオツカ、、、

(null)

オオツカフクテンチョーまでwww

見ている連帯責任というらしいですwww

さすがairですね。。。

みんながそんなオオツカフクテンチョーを話題にしている中、、、

(null)

「30、31、35!」

(null)
「、、、43、45、50!!!はぁ、はぁ、はぁ、、、」

数を飛ばしていたコウノエ。。。

はっはっは( ´_ゝ`)

クソが( ´_ゝ`)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク