【プロの美容師が教える】セルフ前髪カットの秘技と注意点。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【プロの美容師が教える】セルフ前髪カットの秘技と注意点

こんにちは。
air-GINZAの前髪美容師です。

「前髪美容師」とは、、、

「前髪美容師」といっても、別に僕の前髪がおかしいわけでも奇抜なわけでもございません。

「前髪」に関する記事たち







はぁ、、、はぁ、、はぁ、、、貼り付けるだけで疲れてしまいましたが、、、
このような前髪のお悩みに関するお悩み解決記事を執筆してきて早2年半、「前髪」に関するワードで軒並みSEOを爆上げしてきたのです。

今ではこんな記事たちをご覧いただいた方がお客様として多くご来店いただいており、毎日ご予約を50件ぐらいお断りする事態に陥っているけですね。

ウソですが。

ご予約をお断りしまくるほどではありませんが、わざわざ数時間かけて遠方から「前髪カット」だけでも来られる日も少なくはありません。

やはり前髪は大切ですからね。ええ。
「女性の命」ですからね。ええ。

お客様の大切な前髪には特に時間をかけて美容師生命をかけて切らせていただいている次第であります。


なのに、、、なのに、、、

たまにお客様から言われる衝撃的な一言にいつも脅かされています。

お客様
前髪を自分で切るときはどうすればいいですか?


えっ、、、自分ですか?www

Lv25ぐらいで「メラミ」を唱えられた感覚です。
85ぐらいダメージを受けますよね。


「教会からやり直させてください、、、」

そんな心境になるわけですが、やはりプロの美容師としてそんなリセットは許されるわけがありません。

ゴールドは半分でもいいから経験値はそのまま、、、

お客様
は、、、?


ドラクエが分からない世界樹、、、おっとすみません。
ドラクエが分からない世界中の皆様、大変失礼いたしました。戯言が過ぎましたね。ははは。

そう、「前髪のセルフカット」についてのご質問が多い

そう、そういったご質問がお客様だけでなく、「LINE@」からも結構多いんですよね。
でも、こんな風に書いていると「前髪セルフカット・ダメ絶対!」みたいな流れになると思うじゃないですか?

そんなことありません

え?だって伸びてきたら困りますもんね。
「前髪カット」というメニューもありますし、もちろんそれだけでのご来店も大歓迎。
そうお客様にお伝えもしているのですが、、、

「前髪だけ銀座まで切りに行くのは、、、」

分かります分かります。。。
なかなかね。。、


そんな方にお送りする「プロの美容師が教える・前髪セルフカットの秘技」はこちら


「How to セルフ前髪カット!!」
http://www.air.st/column/26946/

ぜひご覧いただき、学んでいただければと思います。

ただ、、、注意点

お客様一人ひとりに合った前髪というものが存在し、我々はそれに合わせて慎重に切らせていただいております。
この記事で分けとっている幅はあくまで目安であり、幅を広げ過ぎない策でもあります。

決して「どこからか出てきた長い髪」をカットしてしまい、取り返しのつかない「ザキ」という呪文をセルフで唱えてしまわぬよう、心して臨んでください。

すきバサミを代わりに使うのも失敗しないコツですよ。


それでは、素敵な前髪ライフをお送りください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加