【お悩み解決】膨らむ・クセ毛でお悩みのボブのストレートパーマ・縮毛矯正はこうすると自然に仕上がる

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【お悩み解決】膨らむ・クセ毛でお悩みのボブのストレートパーマ・縮毛矯正はこうすると自然に仕上がる

こんにちは。


有名タレント・モデルが通うトップヘアサロン【air】銀座店副店長の中村有佑です。

日々、サロンに立つ上で、世の中の女性が沢山のお悩みを抱えてらっしゃることを感じております。

そんなお悩みをお客様と共に解決すべく、サロンワーク以外でも少しでもお役に立ちたいと思い記事を書かせていただいております。

さて、今回はクセ毛のボブについてのお話。

クセ毛でお悩みのボブのストレートパーマ・縮毛矯正

私が担当させていただくお客様はボブの方が多いんですよね。

というのも、「ボブに関する記事」を多く掲載している為、かくしてそうなったというわけであります。
(ボブだけが得意というわけではありません)

そんな中、お客様のカウンセリングをさせていただく上で一番悩んでらっしゃるのが、、、

「膨らみ」なんですよね

そう、「膨らみ」です。

これにはメリット・デメリットがありまして、、、

「どんな風に見られたい」「どう見せたい」といった、いわゆる「女性像」という部分も取り入れつつ、、、




こういった顔型や骨格に合わせて人それぞれの「似合う」というポイントが違う為、膨らみ・厚みの有無の必要性も変わってきます。

膨らみは時として「トラウマ」にも、、、

そう、ボブにする上で「膨らみ」を気にされる方というのは、「過去にボブにしたけど、膨らんでしまってトラウマ」という方も多くいらっしゃいます。

いいイメージをお持ちでない方というのは、だいたいこのケースが当てはまるんですよね。

カットでほとんど解決できる


「膨らむ」を作るポイントというのは大体決まっていまして、、、




このように顔型・骨格だけでなく、素材である髪質や毛量に合わせてカットをすることによりほとんどの場合が解決できると思っています。

そう、ほとんどの場合は、、、

ただ、クセが強すぎるとカットだけでは、、、



まぁ、、、そうなんですよね。

ある程度のクセなら膨らみを抑えるカットによって解決することが可能なのですが、クセがかなり強い場合はそうもいきません。

・湿気
・汗
・プールや海

いくら的確なカットや、その再現性を高めようとも、こういった外的要因には立ち向かえません。

「朝はよかったのに、、、」

そういった思いをされた経験から、ストレートパーマ(縮毛矯正)をされている方も多いでしょう。

それはそれでよいと思うのですが、そうすると次の悩みが出てくることもあります。

「真っ直ぐすぎて、、、あはははは」

そうなんですよね。
90’sを思い出させるかのようなシャキーン真っ直ぐになってしまい、逆にアイロンを手放せなくなってしまう、、、という仕上がりになってしまわれる方もいるんですよね。(airではいないと思います)

イヤですよね。
切っても切っても毛先に丸みが出ずに「笠」みたいな仕上がり。(airではいないと思います)

もちろん、上手くストレートパーマ施術を行えさえすれば問題はないわけですが、、、

・時間
・料金
・ダメージ

といった別の問題も生じてくるわけです。

そこで「ポイントストレートパーマ」という選択


僕が、クセで悩まれるボブのお客様ほとんどに提案しているのはポイントストレートパーマという施術。

・早い
・安い
・ダメージレス

牛丼チェーンのスローガンみたいですが、、、

お客様の大切な時間を我々も大切に
料金もそこまでかけず
傷みも最小限に

そんなメリットの大きい「ポイントストレートパーマ」という技術。


↑こちらに詳しく書いていますので、ぜひ参考にしてみてください。

多くの方々の髪のお悩みが少しでも解決されますように。

それでは。

書いた人


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加