カラー塗布についてのご質問とか、僕は凄くないというお話。

スポンサーリンク

こんにちは。

air-GINZAの「豹柄の人」こと中村です。

IMG_5414.JPG

最近、Facebookにて美容師さんからの様々なご質問があり、お答えできるものは真摯に返信させていただいているわけなんですが、、、
また、「指針です!」みたいに言われることがあり戸惑っていたりするわけなんですけど、、、

まずはじめに言わせてください。

「僕は美容師さんに偉そうに何かを教えれるほど凄くないし、そもそも美容師さんの為に発信していない」んですよ。

これは偉そうな意味でなく、様々な考え方や人それぞれの考えがあり、「正解」なんてものがないこの世界で、こんな豹柄がプライド持ってお客様を担当されている美容師様に物申せるほど凄いわけない、ということです。

カメラ然り、ケミカル然り、技術然り…

もちろん、お気持ちは素直に嬉しく思いますし、いただいたご質問には私なりにお答えさせていただいております。

カラーのことを結構書いているためか、カラーに関するご質問をよくいただくことが多く、その中でもなぜか「塗布」に関することが多く。
先日も根元を埋めるか?みたいな内容が。

質問は、「どうして都会の美容室はカラーの根元(頭皮への)ベタ塗りをしないのか」です。

取引のあるメーカーさんに聞いたり、いろんな方のブログを読んでいてわかったのですが、頭皮をベタ塗りしないところって多いですよね?
そのメーカーの方に聞いたのですが、こちらのサロンはベタ塗りするところがほとんどだそうです。もちろん、うちのサロンもそうです。頭皮がしみる方や妊婦さんなどを除いてはベタ塗りしています。いました…
が、ちょうど自分が30代になって自分の薄毛の心配をするようになって、やはり親世代の方などの薄毛の心配がものすごくわかるようになりました。
なので、それからはサロンとしてはいきなりは難しいので、まずは自分の顧客から根元のベタ塗りをしないように心がけるようにしています。
パーマやカラーをやめてから毛がしっかりしてきた気がするという話もたまに聞きますので。

なので、恥は承知で上記の質問です。どうしてベタ塗りしないのが当たり前なのでしょうか?また、白髪染めの場合はどうしていますか?
顧客の方々に説明する上でケミカル的な知識も必要だと思い、ヒョウ柄先生に質問してみたいと思いました。
同じ世代で活躍されていて、ブログなど読んでいてもすごく物知りでわかりやすく、かつ面白く説明されていたので…
よろしくお願いいたしますm(__)m

なんともご丁寧にありがとうございます。

ありがとうございます。

えぇーっと、、、。

結論から言うと
「ベタ塗りします」

それは都会とか、地方とか関係ないですよね。
もちろん、お店の考え方やスタイリスト毎の考え方などあると思います。
僕は「ベタ塗り」というよりは、ギリギリで塗って、クロスやバイアスチェックする際に根元にも薬剤をつけます。それは「ベタ」という表現なのかどうかは分かりませんが、僕は空けないですね。
確かにファッションカラーなら根元を埋めない人もいらっしゃるかもしれません。
薬剤が膨潤することを狙ってのギリギリ塗布だったりだと思うのですが、僕は「料金いただいているのに染まっていない箇所がある」ということがまずありえないことだと思っています。
その想いの中で綺麗に仕上がるように毛先塗布後の最後に根元だけ埋めたり、色々な塗布の仕方を試行錯誤してきたわけですが、たまたまその答えが今は「チェックの際に埋める」というだけです。そしてその後すぐに既染部に移ります。
ハイトーンなら流す前の最後に埋めたりもするわけですが、、、
また考えが変わるかもしれませんし、最適な方法があればすぐにチェンジすると思います。

白髪染めはもちろんガッツリ埋めます。

また、根元に付けたからといってお肌のアレルギーとかは別ですが、薄毛の原因とかはまた別では?
どちらかというと遺伝や生活習慣などがメインではないかと。

僕は化学の人ではないので、「及ぼすおそれのある」という予測でしかないわけで。
皮膚というかお肌には影響がないとは言い切れませんが、そこは「経皮毒」なる根拠のないようなものから、様々な文献や考えがあるのでなんとも。

お店のやり方がそうなのであれば、それに準ずるのがスタッフの役目だとも思います。
偉そうには言えませんが。
それがウリなのであれば尚更かと。

ご期待に応えれた内容かどうかは分かりませんが、ご自身が「これだ」みたいなマインドを揺るがさずに突き進められるのが一番ではないでしょうか。お店のやり方とかもありますからね。

質問者様のお店のやり方でお客様が喜んでくださっているのであればそれが一つの正解かと。

あくまでairでなく僕個人の考え方なので悪しからず。

、、、みたいな感じでしょうか。

所詮、僕はケミカルに長けているわけでもないですし、自分が「これが一番だ」と信じた術をお客様に提供しているだけにすぎません。

ご質問いただくことによって、僕自身も自分の考えや想いなんかを見直すキッカケになりましたし、少しでもお役に立てるのであれば、お答えできる範囲内では僕なりになんとか。。。

ありがとうございました。

( ´_ゝ`)

ほら、別に大したことないでしょ( ´_ゝ`)

そうなんすよ。だから美容師さんに偉そうに言えた立場なんかじゃないんですよ。

僕に質問するならマルセル定期購読してたほうが2億倍はマシじゃないかと。。。

また、先日もどこかのチャラ美容師さんがSNSを使ってモデルさん?を口説いてるようなブログ(今は削除されました)をシェアさせていただいたんですけど、意図としては「個の時代とか呼ばれるようなこんな時代だから、SNSの使い方も気をつけないとね」という想いでのシェアでした。
それに対して
「それが業界の為になるのでしょうか?もっと美容師の為になる情報を」
みたいなコメントを美容師さんからいただきまして。お気を悪くされたのなら申し訳ないのですが、、、

確かに、美容師さんが多く閲覧してくださっていることは承知なので、そのブログはシェアさせていただいたわけではありますが、そもそも

「美容師さんの為に書いてないんすよ」っていう。

「POOL MAGAZINE」のオーサーでもないわけで。

そんなことができるようになるには100年早いですね。

というわけで、、、

こんな豹柄の人ではございますが、、、

今後とも何卒宜しくお願いいたします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク