自分の髪型がヤバ目で卑猥だということを知った日。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分の髪型がヤバ目で卑猥だということを知った日。

こんにちは。
air-GINZAフクテンチョー中村です。

営業後、、、

airでは「シャンプートーナメント」というものがあり、、、

「airで誰が一番シャンプーが上手いのか」
を年に一度決める大会があります。

まずは各店の代表者を選出するため、、、


「スタイリストが店舗の全アシスタントのシャンプーを見る」といったチェックを行っています。


手技だけでなく、もちろんご案内から選ぶシャンプー剤、マッサージも含めて見るわけです。

全アシスタントのチェックを終えたわけではないので、まだ結果は出ていません。

今日はそんなシャンプーチェックの話はさておき、、、

シャンプー後、、、


ブォー。

とりあえず乾かしていました。

普段、自分のセットをする際にドライヤーは使わない主義なのですが、さすがに濡れたまま帰るわけにはいきません。

そう、僕はクセ毛のため、自然乾燥でWAXを揉み込むだけのナチュラルセットなんですよ。


いつものこんな感じは完全に自然乾燥からできあがるクセ毛なのです。


ブォー。

久々にドライヤーを使いながら、、、


(´-`).。oO(髪伸びたなおい、、、

なんて思いながら乾かしていました。


(´-`).。oO(これはwww

普段はクセでもっと上がる為、ここまで髪が伸びているとは思ってもいなく、、、


(´-`).。oO(あ、ちょっとアレやってみるか、、、

そう、思いつきで「アレ」をやってみたくなったのです。

「アレ」とは?


親友「松浦」が検証していた記事。

史上最高のドライヤー「レプロナイザー」を使って、冷風を当て続けて汚いロン毛をツヤツヤにしていたおっさんの最近の記事です。

そう、、、


僕が普段から使用しているのも「レプロナイザー」

(´-`).。oO(ちょっとあの冷風を使ってみよう
そう思いました。

ちなみに全てのお客様には施術の際に冷風を当てて、しっとり質感に変わるという効果を実感していただいていますし、最高のドライヤーだと思っています。

ただ「ドライヤーを普段使わない自分自身でちゃんと使ったことがない、、、」という、、、


そんな思いつきでレプロナイザーの冷風を当ててみました。


ブォー。


(´-`).。oO(なんか髪が真っ直ぐに、、、

そう、クセがなんか伸びてきて、、、

2分後、、、


これはwww

なんと、めちゃくちゃ髪が真っ直ぐになって、、、


ちょwww


めっちゃ前下がりボブやんけwww

自分の髪型のベースがとても綺麗な前下がりボブだということを初めて知った僕、、、

いつも「激しめアグレッシブヘアー」を自負していたのですが、まさかの綺麗な前下がりボブとは、、、

しかも、、、


後頭部の丸みがとてつもなく綺麗なボブ、、、

やはり「大人ボブ無双の使い手」こと僕です。
知らぬ内に自分自身も大人ボブに移り変わっていたようですね。

ただ、、、

後ろから見ると、、、

ちょっと、、、

あの、、、


めっちゃワカメちゃんwww

完全にワカメちゃんでした。

または見ようによってはとてつもなく卑猥にも見え、、、


今にも何かが発射してしまいそうなこのシルエットよ、、、

えっと、、、


マジでくそダセェ、、、

てか、一瞬「あれ?エザキヨシタカさんかな?ん?」とか思ったのですが、ただの顔面問題でしたね、、、

最後に、、、


「永野に似てますね」

えっとね、、、


お前はシャンプー選考絶対選ばんからな。

ははは。。。

髪型って大切ですね。


明日からも自然乾燥で頑張ります。。。

それではまた。

お知らせ

皆様に最高の状態で新たな年を迎えていただけるよう、本気モードの年末。 ご予約の枠も開放しており、新規・メンズの方ももちろん承っております。

ぜひ、air-GINZAにてお待ちしております。

ご予約はこちらから

◼︎便利なweb予約◼︎
air-GINZA(銀座) | ヘアサロン air 【エアー】

24時間、いつでもairのホームページからご予約を承っております。 新規の方はホットペッパー経由よりもさらに10%お得になりますのでぜひご利用ください。

◼︎髪の悩みなどを相談して予約を取りたい方は【LINE@】から◼︎
'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

「友だち追加」していただき、個別にメニューや料金、お時間などのご相談も承っております。 (営業中などはすぐにお返事できないこともございますのでご了承ください)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加