ウチのカレンちゃんのボブカット。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ウチのカレンちゃんのボブカット。

こんにちは。
air-GINZAのボブの人です。

ボブばかり切りまくり、ボブ無双な日々を過ごしているわけですが、、、

僕ね、、、

ど、どうしてもね、、、

どうしてもスタッフでボブにしてやりたい奴がいたんですよね。

1年目「岩山」


そう、1年目の岩山。



1年目といえば、今までコナン君しか登場していなかったわけですが、、、
ええ、パンチ効いてますからね、コナン君。

そう、もちろん1人だけではありません。


ちなみに、プロフィールはやたらと意識高め設定です。

そんな岩山を見ていてふと思ったんですよね。


「お前、ボブにしたらイケるんじゃね?」


目鼻立ちがクッキリしていて、大人っぽい顔立ち。

「これはイケる」
そう確信しました。

何が「イケる」のかは自分でもよく分かりませんが、、、
なんかあるんですよ、プロフェッショナル目線でのそういう閃きみたいなのが。


えっと、、、


このバサバサのスカスカで疲れ果てた感の出てしまっている20歳の髪を、、、


滝◯カレンに変身させてやろう!

〜before〜

そうと決まれば話は早く、、、


スチャッ。

ダメな上司の特権「パワ・ハラー」を駆使し、無理やり座らせてカットをすることに。

ちなみに、どれぐらい切るのかは本人には何も伝えずに、、、


切るぜ切るぜー!!
ボブ無双だぜー!!!


カレンにしてやるぜー!!!

本人が特に望んでないにも関わらず、勝手に「滝◯カレン」へと導く僕。

そして、ただの切りたい欲に支配されただけのおっさんからのパワ・ハラーを受けたカレンちゃんは、、、

〜after〜


これだよこれ!


世の中が必要としているのは、このパツっとしたラインと厚みなんだよ!

そう、ただ切りたかっただけなんだよっ!

よく分からない「イケる」という想いから発動したパワハラカット。

そして、、、


朝、なんか自分で巻いてました。

「あ、そのまま自分で撮ってよ」と告げると、、、


意識高い系ショットキターーーーー!!!!

いいよ、いいよカレン。


さらに自撮り送ってキターーーーー!!!!!

ぼ、ボブなかなかええなやないか、、、

こんな1年目アシスタント岩山、、、


こんな盛りショットも、あと数年もすれば黒歴史となることに気付かずに美容師邁進して欲しいですね。

頑張れよ。

それでは。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加