「選ばれる自分」なブーメランとスタイリストデビュー祝いカット。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「選ばれる自分」なブーメランとスタイリストデビュー祝いカット

こんにちは。
air-GINZAのネコ科です。


先日お伝えした、来月からスタイリストデビューすることになった「田村健人」

9月からは我々スタイリストと同じ土俵に立つわけですから、今までのアシスタント業務とはまた違い、そこは店長や先輩なんかは関係なく「選ばれる自分」にならないといけないわけですよね。

今まで積み重ねてきた技術や接客スキルが生きることは大前提。

そして「自己表現」も必要。

自己表現といっても、創るヘアスタイルやSNSでの見せ方だけではなく、、、

本人の見た目も大事なわけです。

分かりやすく言うと、、、


うぇいうぇい〜

↑こういう「日焼け刈り上げ豹柄オラオラ勘違いクズ野郎みたいな人」はまず選ばれるわけがありません。

こういった勘違いは自ら美容師としての可能性を狭める

選ばれず売れないためヘルプばかりする日々

その結果、環境のせいにしてフェードアウト

この15年間、そんな勘違いクズ野郎みたいな人をたくさん見てきました。

まあ見た目だけの話ではないんですけどね。
下手なんだよ、色々と。
ははは。

そんな、自分自身を戒める内容をつらつらと書きつつも、やはり「見た目」は大事だと思うわけであります。

というわけで本題へ

「見た目が大事」と説いたスーパーブーメランで即死したところで、、、


新たにスタイリストデビューする田村の、、、


ボサボサな髪を「選ばれる人」となるべく、カットすることにしました。

彼は元々ブリーチをしていた上にパーマをかけるというメガンテを繰り出した為、、、


オーマイゴッドファーザー降臨。。。

チリチリです。

こんなチリチリな髪ではお客さまに失礼ですし、ヘアケアの説得力にも欠けるわけです。


(´-`).。oO(またブーメランが飛んできたような、、、

カットカット


切るぜ切るぜー!!!

彼はド直毛のため、パーマの質感を少し残した方が扱いやすくなるのでそんなに長さは切らないでチリつきを削除していきます。


んでスタイリングをササっと。

After


重くて膨らんでいた襟足周りはタイトにしつつ、パーマの残りで動きが出るように。


前髪は上げて童顔さをカバーしつつキリッと。


朝来たら、ウェット質感でいい感じにセットしてくれていました。

爽やかでいい感じですね。


そんな田村健人。

来月からの彼に期待しつつ、あと2週間はアシスタントとしても集大成を見せて欲しいと思います。

とりあえず自分のことはさておき、、、

見た目は大事ですよね(遠い目)

おめでとう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加