airに入って分かった環境。

スポンサーリンク

昨日投稿されたPOOL MAGAZINE内での先輩、木村さんの記事。

【お前のやりたいを叶える店にしよう】

http://poolmagazine.jp/naotokimura/903

IMG_3138.PNG

これね。
もうドンピシャ…

というのも、僕は入社前
「このairの上の人達は独立しても成功しそうな人ばかりなのに、何故1スタッフとしてairの看板を背負って仕事をされているのか?」
ということが疑問に感じていた、というか謎だったんですよね。

え?だってこんなに独立志向の強い世界なのに、何故組織の一員としていらっしゃるのだろう…独立されたらいいのに。

と思っていました。

そもそも移らせていただいた理由として
「まだまだ美容師として技術者として、また人として成長したい」
という想いだったのですが、もう一つはその「Why?」を知りたかったんですよね。

なんだかんだ言いながら独立しか先はないとか思っていた僕ですが、

「airにはそうじゃない何かがある」

そう信じての入社でした。

木村さんに相談した際も
「入れたら分かるんじゃない?」
と言われただけだったのですが…
Why?の答えはそういうことでした。

環境と言えば一言ですが、そこには人の数だけの想いや夢があって、それを吸い上げて実現させてくれようとしてくれる場。

副社長がよく仰る「愛」も、この中だからこそクサくも感じないし、その為に頑張ろうとみんなが思える。

だからこういう組織になれたんだろうな、と感じています。

まだ5ヶ月で偉そうに失礼しました。

この歳になって、こんな環境や人達に出逢えて本当に幸せやな。

さて。今日も感謝して頑張ります。

おおきに。

IMG_3138-0.PNG

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク