期待の中途採用スタッフをかなり真面目にカットした。

スポンサーリンク

どうも。
airの豹柄の人です。

4月16日よりair-GINZAの仲間となった

(null)

「すみれ」

中途採用のアシスタントなわけですが、今猛烈に速いスピードでシャンプーに合格する直前までやってきました。

お客様に気持ちのいいシャンプーをお届けできるまで「あと少し」というところ。

そんな、頑張っている「すみれ」なのですが、、、

(null)

これは、、、

(null)

まるで後頭部が「ジャンプ台」なんですよね。。。

(null)

おい、美容師さん。
「ジャンプ台」はあかんわ。。。

このままではお客様に失礼でしかありません。

というわけで、、、

「趣味は??」のフリに

(null)

「直滑降です」

(null)

「わーい♡」

という、面白くもなんともないネタを仕込むことだけはできたのですが、もちろんこのままでいいわけがありません。

我々は美を追求する職業ですからね。

カットするしか。。。

というわけで「すみれ」カモン!!

シャンプーすると、、、

(null)

完全に「直角」が待ち構えていました。

「直滑降です」とか即死でしたね。あぶねぇ。

しかし、これをカバーするのが私の使命なわけです。

それではいきます。

(null)

えっ。。。

(null)

刈ってんのかよ。。。

仕方ありません。
上から長さを残してカバーする方向にチェンジしました。

(null)

〜ここからは真面目カットな為、つまらないので省きます〜

そして後頭部カット後

(null)

完全に直角ではなくなりました。

そして更に形を創って乾かします。

(null)

よっしゃ。

(null)

スタッフですが、ちゃんと見せて詳しく頭の形からそれに沿ったカットの仕方を説明。

「脱ジャンプ台」すみれ

(null)

起きてるのかよく分からないのですが、、、

ちゃんと仕上がりました。

スカスカではない軽さで「動き」も出しやすく。

(null)

無理矢理長さを残したウルフスタイルですが、後頭部のシルエットも補正されました。

(null)

うぇいうぇい。
ちゃんとスタイリングしろよ。

んで、早くシャンプー受かって頑張れよ。

では、最後は上手くまとめたいと思います。

お客様同様、真面目にカットをしました。

こうやって日々、お客様のお悩みの部分やコンプレックス、さらにご自身で気付かれない箇所までを把握して、それらを解決する術までをお伝えしながら施術させていただいております。

・何をしてもうまくキマらない

・思った通りに仕上がらない

・気になる箇所があるけど、上手く伝えられず見抜いてもらえない

・いつも仕上がりに妥協してしまっている

そんなお悩みがある方は、ぜひ何でもご相談くださいね。

◾︎LINE@はこちら◾︎

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

*ブラウザ(SafariやChrome)で開かないと上手くリンクしないのでお気をつけください

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク