「市販のカラー剤」に対しての考察。

スポンサーリンク

市販のカラー剤がニュースになっていましたね。

市販のカラー剤によるかぶれや湿疹、皮膚がめくれたり、、、などは僕も経験あります。

確かに、市販のカラー剤は「強い」ですが、こういったケースは「使い方を誤っている」という使用する側の認識の甘さが巻き起こしているのだと思います。
薬剤ですからね。

「手軽・安い」
それだけでなく、使われる方は今一度メリット・デメリットを認識していただいた上で使用方法を見直していただけたらと思います。

【市販カラー剤でのトラブルがニュースに!】とはいえ、ダメといっても元も子もないので対策を挙げておく。

http://naotokimura.tokyo/archives/15984

っていう弊社マネージャーの記事を。

参考にしてみてくださいね。

関連記事

僕が「市販のカラー剤はダメ」と言う理由。

【メリットとデメリット】白髪染め(グレーカラー)においてのセルフカラー。と、言いたいこと。


過去記事ですが、こちらもぜひ参考に。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク