餃子の聖地「宇都宮」から教えを受けた、最高の餃子の食べ方。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

餃子の聖地「宇都宮」から教えを受けた、最高の餃子の食べ方

こんにちは。


「餃子にはうるさいマン」美容師です。

先日、上記の「皮」の記事を書いてからというもの、ご覧いただいた方から「見つけました!」というご報告をLINEなどでいただいたりしている次第でございます。

本気で最高の皮ですので、ぜひお試しいただければ嬉しく思います。

そしてまた、、、


せっせと作っていました。

今回はキャベツではなく白菜ver.のオリジナル餃子。

キャベツと比べると水分が多く出てくるため、餡が柔らかめになります。

まぁ、そんなことはどうでもいいんですけどね。
はっはっは。


そして「下剋上受験」を観ながら焼くわけです。

毎回、深キョンのお風呂シーンが出てくるのですが最高ですね。ええ。

そうしているうちに、、、


焼けました。

それでは、今回は僕が餃子の聖地「宇都宮」に習った最高の食べ方をご紹介したいと思います。


食べ方?

そう、食べ方です。


【酢+醤油+ラー油】が一般的ですよね。

他にも、大人気番組「孤独のグルメ」で紹介されていたように酢+胡椒+ラー油も素晴らしくマッチするんですよね。
(胡椒は「これでもか!」と思うぐらい入れる方がより美味しいと思います)

ただ、僕がいつも食べるのは餃子の聖地「宇都宮」からヒントをいただき、、、

マヨネーズ


そう、マヨネーズ。

高カロリー、高コレステロールはさておき、宇都宮の餃天堂にて、、、


このモチモチとした焼餃子のオプションで、なんとマヨネーズを手渡されるんですよね。

最初は「えっwwwマヨw」とか思ったんですけど、、、


「めちゃ合うやんけw」と思いました。

食べてみると、マヨネーズの酸味は全く感じないほどに非常にクリーミーなのです。

これをヒントに、、、


マヨネーズを出します。

そして、、、


そう、酢。


マヨネーズに酢を足します。


そして混ぜて、、、

さらにラー油を。

そう、【マヨネーズ+酢+ラー油】

これこそが僕の最高の組み合わせ。

「マヨネーズに酢?」とか思われそうですが、マヨネーズ単体だと酢醤油よりも酸味がなくマイルドになりすぎてしまいます。

おっと、、、今回はラー油が無かったので、、、


これにて。


「う、うますぎる、、、」


かわいいパジャマでしょ。えへへ。


【餃子にマヨネーズ+酢+ラー油】

これぞ、まさに至福の時。

よくお客様とも餃子のお話をすることがあるのですが、、、

このようにご連絡をいただけて、とても好評です。

【マヨネーズ+酢+ラー油】

やったことのない方はぜひ一度試してみてください。

ちなみに、「不味い」「邪道」「アホか」などのクレームは一切受け付けておりませんので悪しからず。

それでは。

スポンサーリンク
髪のお悩み記事
髪のお悩み記事
前髪記事
前髪記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加