久々のトイレの人。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

久々のトイレの人

こんにちは。
air-GINZAの刈り上げマンです。


そう、いつ何時も刈り上げる人生。

もはや、iPhoneと並んでバリカンが「人生で欠かすことのできないリスト」にランクインしてしまう35歳を過ごしているわけですが、最近とんでもないことに気づいてしまいました。

えっと、、、


刈ってくれる人いねぇ、、、

そう、、、2月からの異動により、刈り上げにおいては絶大なる信頼を寄せていたアシスタント「大浜」と離れてしまった僕。。。

「やはり信頼できる人にしか大切な髪を任せたくない」

職業が美容師とはいえ、自分が施術してもらう際はお客様と同じ気持ちなわけです。


えっと、、、


誰もいねぇ、、、

「長門店長にお願いする」という選択肢も一瞬頭をよぎりましたが、、、


こんなわけの分からんことを言っている人に任せるのもちょっと、、、


しかも、こんなブログまで書いている為、仕返しがないとも言い切れませんよね。
「あ、ごめん!バリカン0mmだった!」とかね。

あるある。


終わった。。。

このまま刈れないとなると、「ロン毛まっしぐら」しか道は残されておらず、、、
来年の忘年会辺りでは「髪で習字」を披露することになることも、、、

そんな途方に暮れていた僕の目の前に、突然ある男が飛び込んできました。


「豹さん、俺がやりましょうか?」

おっと、、、まさかの岩井、、、


「刈りますよ」

いや、、、岩井は、、、

「いや、、、」
というのには理由がございまして、、、


岩井といえば、過去にこんなネット上のゴミのようなブログを書いていた過去が、、、


しかもパジャマみたいな格好とか何なんお前、、、


こんな「出所した時の長渕剛」みたいな岩井に大切な髪を刈ってもらうことなど、、、


「準備は完璧です」

俺は心の準備できてない。

とりあえず、、、


「髪で習字」だけは避けたいので、とりあえず岩井に刈ってもらうことに。


「俺、刈るの上手いんすよ!」

聞いてもないのに勝手にドヤってくる姿勢。
さすが長門店長の部下ですね。


てか、、、


本当に囚人みたいやな、、、

側から見れば、完全に僕が虐待されているかのような、、、
ははは、、、


とりあえず、、、


無事に終わってよかった、、、

とか、ふざけて書いていますが、丁寧かつスピーディーな施術で安心して任せることができました。


これからも宜しく頼むよ、長渕。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加