あのカットをパクらせていただく為のシザーを正式にゲットした。

こんにちは。猫好きです。

 

先日の

「俺のカット」をパクらせていただく為のシザーをゲットした(仮)
先日の副社長に見せていただいた「俺のカット」もとい、、、「俺のフレンチ」...

 

この(仮)でゲットした、高田副社長の

 

 

(null)

「俺のカット」をパクらせていただくためのハサミ。

 

 

 

(null)

あれからずっと使用していましたが、、、

 

めちゃイケてます。

 

 

ただ、その「めちゃイケてる」というのも僕の感覚でしかないので、「俺のカット」発案者である高田副社長に一度手にとっていただいて確認してみました。

 

 

(null)

「どれどれ」

 

 

もしダメとか言われたらどうしよう。。。
緊張します。

 

 

 

(null)

「ええやんけ」

 

 

なぜか関西弁でした( ´_ゝ`)
さすが「青山の紳士」みたいなTシャツを着ていらっしゃるだけのことはある。
紳士でした。

 

でもよかった。

 

「動かしやすそうやな。いいよ。買っちゃいなよ」

 

決めた。

 

そして、、、

 

 

(null)
ネットワークさん(ハサミ屋さん)がやって来ました。

 

「あのー、このまま買い取らせてもらってもい、、、」

 

 

 

(null)
「まぁいいよ。」

 

 

お、おう。。。
仕事早いな。

 

 

、、、というわけで

 

 

(null)
(仮)じゃなく、正式に「俺のカット」もとい「俺のフレンチ」をパクらせていただく為のシザーをゲット。

めちゃテンション上がってます。

 

 

益々カットのクオリティ高めていきたいと思います。

 

 

 

(null)

頼むよ、相棒。

タイトルとURLをコピーしました