「好きに生きろ」な夜。

スポンサーリンク

そういえば先日、、、

IMG_8247.JPG

「木村さん」

そして、、、

IMG_8248.JPG

僕に自撮り棒で殺られたり、何かとよく登場するiphoneしか触っていない
「原宿HEYKEL マナベ氏」

一緒に正月串カツ食べてた置物っぽい人。

相槌打つだけですからね。電動オブジェみたいな
「鈴木氏」

そして木村さん

IMG_8245.JPG

iphoneしか触っていないブ◯イクを撮る。

IMG_8332.JPG

ご一緒させていただくことになり、着いた時には「たわいも無い内容」で話が弾んでたり、結構くだらなかったりしたわけなんですが、、、

その中でも

好きに生きろ

http://naotokimura.tokyo/archives/4962

この中の

IMG_8333.PNG

こんな内容のことを。

僕もよく「美容師として〜」とか「何のためにやんのよ」みたいなことを自分でも発言していたことがあったんですけど、、、まさに。

そうなんですよね。

なんか変に「枠」みたいなの決めちゃったり、発信や発言の目的の設定だとか、またそれが的外れだからどうだとか、、、。

そして最初は

「これは言っていいのかな」
「これは誰かの気分を害すのでは」

「これは、、、

「あれは、、、

そういった「人からどう見られんのか」みたいなことが先行して億劫になっていた時がありました。
そして、上記のように「枠」みたいなものを自分で設定してしまっているから故に、さらに閉じ込められてしまった中でのような発信というか最早「独り言」という。

今でいう「SNS疲れ」とはちょっとちがうんだけど、それに近い感覚を憶えていたこともありました。

っていう3年前くらい。

まぁ、、、結局今になって想うことは

「そんなんどーでもいいよ。」っていう。

ちょっと頭柔らかくしていきましょ。

スペック高めていきたいですね。

なんかそんなことを思わされる日でした。

ごちそうさまでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク