ゴーヤにカットさせられて阻止された神タイム。

そういえば、昨日はとんでもない目に遭いました。

airのすげー先輩との作品撮りとコーラ魔人。
今日は朝から撮ってるぜ。へへへい。 今日はとてもとても楽しみにしていた、、、 ...

この作品撮り後、、、
みんなでご飯に行ってからお店に戻り、「さて、データをチェックック〜♪」てな感じでPCを立ち上げようとしていました。

 

ヘアスタイルを創って撮っている時も楽しいのですが、その後の「撮ったデータをじっくり見る」というのもワクワクするものなのです。

 

上手く表現できていた点や、ちょっと反省する点などを色々見つけることができ、また次回の改善点を把握しつつブレイクタイムという至福の時間。

 

これを「神タイム」と呼んでいます。

 

なんと、その「神タイム」に邪魔者が現れたのです。

 

 

「中村さ〜ん」

(null)
振り返ると、高山店長メインアシスタント・石垣が産んだ「ゴーヤ大浜」が死にそうな顔をしていました。

 

 

「えwww お、おつかれーwww」

 

ゴーヤ「、、、今ヒマですか?」

 

どうみてもヒマなわけねーしwww

休日の神タイムを何だと思ってんだよwww

 

、、、でも、察しはつきました。

 

 

(null)

「できれば、、、髪を、、、髪を切っていただけないでしょうか、、、」

 

出たwww( ´_ゝ`)

 

「バカなのかな??」、、、と思いましたが、ゴーヤもアシスタントながら一緒に作品撮りをする為にお店に来ていたうちの一人。

 

人生で初めての作品撮りを頑張っていました。

 

しかも、、、

 

 

(null)
『切ってもらえなかったら俺に明日はない…』みたいな悲壮感さえ漂っています。

 

、、、仕方ない。

怒りを抑え、神タイムを後回しにしてカットをしてあげることにしました。

 

このまま断って、フラフラのまま帰り道轢かれたりしたら困りますからね。。。

 

「、、、じゃあ髪洗っといてよ」

 

そう優しく声をかけてあげました。

 

 

 

(null)
「もう洗ってあるのでいつでもオッケーっす!!」

 

は、、、( ´_ゝ`)

 

なにこいつwwwww

 

もはや呆れを通り越して笑ってしまいました。。。
先にお願いしてこいや。。。

 

はぁ。。。

 

 

Before

なんか、、、

(null)

ボーボーです。

 

(null)

そういえば、、、

店長専属「なんくるないさー」にカットさせられた話。
こんにちは。 専らメンズカットも得意としているairの豹柄の人です。 営業後に ...

この時にカットしてそのままでした。

 

そりゃボーボボになるわ。

 

ちゃんとカットして、、、

 

 

(null)

なぜか「Instagramのハッシュタグって何ですか?」という質問に、使い方まで丁寧に教えてあげました。

ググレカス。。。

 

 

After

(null)

重かったトップには動きを。

 

 

(null)

裾はガッチリ締めて、、、

 

 

(null)

爽やかですね。

 

 

 

(null)

さっきまでの生気を失っていた表情は消え去り、店長メインアシスタントらしくキリッと。

 

「ゴーヤ大浜」に神タイムを奪われてしまった僕の休日。

 

まぁ、キリッと生気を取り戻してくれてよかったです。。。

 

 

先輩の〜

時間は大事に〜

神タイム〜

 

楽しいお店ダナァ( ´_ゝ`)

タイトルとURLをコピーしました