「人と違うことをする」「ソーシャルもリアルも関係ねぇ」なバイオレットカラーTHROWセミナーin東京。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「人と違うことをする」「ソーシャルもリアルも関係ねぇ」なバイオレットカラーTHROWセミナーin東京

こんにちは。
air-GINZAの「THROWマン」です。

究極のアッシュを求めて、カラー剤【THROW】を使う日々を過ごしています。


そんな中、昨日はTHROWを使って東京にてセミナーをさせていただきました。

まず、早めに用賀駅でスタッフと待ち合わせをしていたのですが、、、


なんなんお前www

変な人がいると思ったら1年目「カレン」が待機していました。。。

や、、、オシャレっていうかハエでしょそれ。。。


そんなこんなで、いざビューティーエクスペリエンス!!

THROWセミナー開始


まずは一通り、最近の僕のトレンドや考えていることなどをお伝えしつつ、、、


メインであるカラーリングを。

前回の名古屋セミナーと今回受講された方にはお伝えしたのですが、、、


こういうのも大切だよね、と。

THROWといえばアッシュをメインとした寒色系カラーが主ですが、ここ最近は何を見てもアッシュ系カラーの「〜〜〜アッシュ」や「〜〜〜ジュ」みたいなのがほとんどですよね。

まぁ、自分はなんとなく飽きもあるのですが、ちょっと思考を変えてみた方がいいのでは?という想い。


そんな感じなので、「バイオレット系のカラーに濃いピンクローライトを入れる」という最近のマイブームカラーを提案させていただきました。

や、ほんとめちゃくちゃ綺麗なんですよね。

ピンクのローライトが深み出してくれて、あと「光を内側から反射してくれる鏡」みたいなイメージでツヤ感MAX。

施術自体はすぐに終わり、、、


そして、見学に来ていた大宮店「本多」にモデルさんのシャンプーをしてもらっている間に、、、

プログラムになかった「カット」

本来はセミナー内容に組まれてなかったんですけど、「ソーシャル&リアル」という題目だったので、実際のサロンワークベースをご覧いただけた方がいいのでは、、、?ということで、、、


さっきのハエサングラス「カレン」を、普段のサロンワークと同じようにカット。


前回切ってから2ヶ月ぐらい経っていたので、さすがに伸びてるし重くてですね。

まあ、誕生日だったみたいなんですけど暇そうだったので召喚しました。
パワハラではありません。ふはははは。



カットの時に気をつけていることや、こだわりなんかも言いつつサクッと。

仕上がり


ふむ。


ふむ。

なんか、仕上がり撮ってたら「人に撮られると盛れない」とか言い出したので、、、


なんか自撮り撮ってました。。。

いい感じですね。ボブは。
そう、ボブはね。ははは。。。


そしてフォト。


THROWバイオレットカラーをまとってツヤ感MAXな。

分かりますかこれ?


THROWの飴ちゃん持たせてるんですよね。
ふほほほほ。


Airpodsつけて遊び心も取り入れつつ、、、


そんなバイオレットカラー。



、、、っていうTHROWセミナーin東京。

3時間という限られた時間でしたが、何か為になっていただけたでしょうか。

まあ、結局のところ伝えたかったことは「ソーシャルもリアルも同じ」ということ。

見せ方だけこだわってても人には伝わらないですしね。

、、、とか、そんなことを垂れつつも、「人と違うことをする」というマインドは上司の木村さんから受け継いだものであり、カットは高田副社長、フォトは木村さんとDoYaテンチョー。
airで学び、培ったことを自分のモノにして、それを披露させていただいたに過ぎません。

まだまだ自分も発展途上。
まだまだairで成長していきたいと思っています。

大切なのは「まずはやってみる」という、行動に移すこと。
それが第一歩。
継続。
習慣。

そして成果が結果となるよう、お互い頑張りましょう。


お忙しい中ご来場いただき本当にありがとうございました。

あ、受講された方はご質問などお気軽に。
なんでもちゃんとお答えいたしますのでぜひ。
'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)


豹ポーズなみんなもありがとう。

お疲れ様でした。

9月18日は札幌にて


ショート職人によるショートカットを実習で学べます。
まだまだ募集していますのでぜひ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加