「重いけど軽い」大人前下がりボブ無双。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「重いけど軽い」大人前下がりボブ無双

こんにちは。


ボブを愛し、銀座でボブを切りまくっているair-GINZAの美容師です。

ちなみに「お前はボブじゃねーのかよwww」という、もはや返す術もないツッコミはおやめください。

や、もう少し若ければボブ気味にカットして、ちょいちょいっとセットして「ライジングマッシュ最高かよ」とか言いたいところなのですが、F2層の僕にはちょっと厳しいですね。はい。

そんな戯言はさておき、、、

そう、そんな銀座の美容師こと僕なわけですが、日々ボブ無双の如くボブを切らせていただいておりまして、、、



「大人ボブ」をはじめ、様々なボブをお客様への似合わせと再現性を一番に考えてカットさせていただいております。

本日は「重さを残しつつも全く重くない前下がりボブ」を切らせていただきましたのでご紹介したいと思います。

カット前


「外はねでも内巻きでもオッケーボブ」を切らせていただいてから数ヶ月後の状態。


こういうスタイルですね。

カウンセリングの際に今回は肩に当たらない長さで「前下がりボブ」を切らせていただくことになりました。

「前下がりボブ」といっても様々な形がありまして、、、

今回は丸みを残すために段差をあまりつけずに重さを出して、それでいて軽いという、見た目とは相反する前下がりボブにカットすることに。

カット開始


僕がカットする際はだいたい「後頭骨の一番出ている所から2cm下」を分けとってカットしていきます。

まあ、難しい話は置いといて、、、


切り終わり。

ここから重ねて上をカットしていきます。


さらに切り進んでいき、、、

ベース切り終わり


これで濡れている状態でのカットが終わりました。


サイドから見ると、前が長くなるように。

そして乾かします。


手で乾かしただけでも綺麗な丸みが出て収まっていますね。

ボブをカットする際は求める形に対して、お客様の髪質や毛量、自然に乾いた時の髪の浮き具合などを考慮して「似合う」を大前提に考えています。



こういった記事も、そういった考え方から書かせていただいています。

そして、ここでTHROWの新色【スモーク】を使って、、、

仕上がり


深みのあるスモークカラーと共に、自然に丸みを帯びて綺麗なシルエットに。


スタイルとしては「重め」なんですけど、内側からの質感調整で軽さを出しているので「重いけど軽い」という仕上がりへと。


乾かしただけでも綺麗にまとまる「軽い重めな前下がりボブ」


スタイリングもめちゃくちゃ楽なので、こんなスタイルもぜひ参考にしてみてくださいね。

前のお店からずっと来てくださっているお客様。
いつも本当にありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加