DoYa店長の弱点と平社員の僕。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

DoYa店長の弱点と平社員の僕

こんにちは。

air-GINZAフクテ、、、

おっと、、、ついついすみません。

フクテンチョーではなく、ただのスタイリストです。
まあ「平」ですね。ははは。

そう、、、「平」として、新たなair-GINZAでの美容師ライフを過ごし始めて約1ヶ月。

僕は元気です。
平ですが元気です。

そんな月末の営業後、、、


毎週月曜日に全員で行う練習会が開催されていました。


朝と夜の両方、スタイリスト全員でアシスタントのカリキュラム合格のために時間を設けて行う練習会。


アシスタントだけでなく、教える側であるスタイリストももちろん真剣なわけですよ。

そりゃ大切なスタッフですし、彼らの将来を背負っていると思って仕事してますからね。ええ。

と、「真剣vs真剣」の中、、、


あれ、、、

なんかよく分からないけど、スタイリストがカット練習、、、?

なぜかスタイリストまでが人頭モデルを入れて、、、


えっと、、、あっ、、、


あなたでしたか、、、


長門店長、、、

(´-`).。oO(なにやってんだこいつ
と思ったのは心に秘め、、、


どこからカメラを向けても、、、


「Like a レンズ」と言わんばかりの終始キメドヤ顔。

、、、ええ。辛いですよ僕だって。

ドヤ顔店長の下で平で働くとか、、、

とりあえず、、、


このアングルから撮ったら、、、


ドヤ顔じゃなくなることが分かりました。

ちょっとキテますからね。
キテますキテます。

1ヶ月経ったair-GINZAからは以上です。

それでは。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加