筋肉美容師と壊された僕の肩。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

筋肉美容師と壊された僕の肩

こんにちは。
air-GINZAの豹柄の人です。


(´-`).。oO(嗚呼、、、


(´-`).。oO(こ、怖すぎる、、、

7月半ばになり、僕はこの数日怯えていました。

なぜ怯えていたのかというと、、、


筋肉美容師こと金丸さんがair-GINZA出勤になり、、、

や、No.1の仕事を見せていただけて美容師も改めて楽しいですし、、、
や、自分も筋トレしてるのでマジで筋肉も尊敬してますし、、、

なんですけど、、、

この前、店舗で歓迎会をしていた時に、、、


「おー!お前ジム連れてってやるよ!!!」

えっ、、、!!!?

まさかの金丸さんが通っている南青山のハイパーラグジュアリーなジム[ReXeR南青山]に同伴で連れて行ってもらえることになったのです。


「一緒に行ってちゃんと筋トレ教えてやるよ!!」

どうやら、僕も週2〜3でジムに通っているのを知ってくれているみたいで、合同トレーニングでちゃんと一から筋トレというものを教えていただけることに。

確かに24ジムに通っている僕の筋トレは我流であり、「なんとなく効いてるぜ」な感じで1年と少し過ごしていました。
一応本気で取り組んでいるつもりではありますが、思うように成果が出ていないのも事実。

と、この辺で「美容師に本気出せよ」という声がチラホラ聞こえてきそうですが、それはさておき、なんとなくジムに通っていることで満足感を得ていたのかもしれません。

そんな、尊敬する上司からの誘いに喜んでいたわけですが、、、


「肩ぶっ壊してやっから!!!」

えっ、、、


「ドライヤー持てないぐらい追い込んでやっから!!」

そ、それは、、、


(´-`).。oO(ど、土日にドライヤー持てないとかマジで困る、、、

そう、土日にドライヤーを持ち上げられなくなるということは「死」を意味するわけです。

僕の人生において優先順位が「美容師<筋肉」となった覚えはないのですが、尊敬する上司からの誘いはありがたく、、、

ありがたく、、、


(´-`).。oO(嗚呼、、、怖すぎる、、、

、、、と、肩を破壊される恐怖に怯え、ついにその日を迎えたのです。

営業後[ReXeR]へ


こ、ここがあのハイパーラグジュアリーなレクサーか、、、

ちなみに、僕のエニタイムフィットネスと比べると5諭吉ぐらいの差(月額)があるんですよ、、、
ははは、、、

筋肉美容師が教える肩トレ開始


「よし、お前の肩をぶっ壊す!!!」


とりあえず、「NHKをぶっ壊す」が代名詞の立花候補が頭をよぎりましたが、今から自分の肩がぶっ潰されようとしているのでそれどころではありません。


「まずはショルダープレス!!!」

これは僕もいつもやってるやつですね。
いつもだいたい18kgとかで限、、、


ちょっwww


28Kgふぁーwww

レベルが違いすぎるわマジでwww

筋肉美容師の本気を目の当たりにし、言葉も出ずにショルダープレスを。

そしてサイドレイズですでに肩が死にかけて、、、


あぁぁぁぁはぁぁあっっ!!!!

こんな普段と違う姿の上司を目の当たりにし、「実はドMかもしれないこの人」と思いました。


そんなインクラインサイドレイズからの、、、


インクラインリアレイズで、、、


とりあえず僕は肩が前から後ろまで180°死去。

これはドライヤー持てねぇわマジで、、、
ははは、、、


有酸素運動以外でこんなに汗かいたことねぇっていうぐらい汗かいたし、なにより楽しくてあっという間の1時間でした。

今まで筋トレだと思っていたものがただのお遊びだったということがよく分かりましたし、何事も本気で追及してやりきる人の凄さを肌で感じることができました。


仕事然り、筋トレ然り、改めて色々見習う所の多い筋肉美容師・金丸さん。

これからも宜しくお願いします。
ありがとうございました。

さて、今日も美容師頑張ります!
(肩上がらないけど)


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加